りゅうちぇる、大物演歌歌手と共演 年上の扱いが上手くなる

前回、グアム帰り直後にキレキレの社交ダンスを披露したりゅうちぇる。7月8日に放送した『りゅうちぇる×ちゃんねる』では日本テレビで放送されていた人気音楽バラエティ番組「THE 夜もヒッパレ」をオマージュした「THE 夜もチェッパレ」に挑戦した。

「TVで歌声を披露したことありますか?」というスタッフの質問に、りゅうちぇるは「2、3回ぐらいしかない。」「自分の美声を披露できたことは一回もない」「本当は上手いの、僕」 と豪語。また、本日はゲストが2組おり、1組目は紅白歌合戦に3回も出演した大物演歌歌手、と聞くと「やばくない?ギャラとかちゃんと支払ってるの?大丈夫なの?怖いんだけど〜!」と自分のことより番組の心配をし始め、さらに、2組目が今人気のパフォーマンスを売りにした地下アイドルと聞いたりゅうちぇるは「演歌と地下アイドルを呼んだの?すごい、攻める〜」と言いながら「THE 夜もチェッパレ」の会場へ向かった。

スタジオには演歌歌手・冠二郎と地下アイドル・仮面女子が待っていた。冠二郎を見るや否や「やっぱり渋いですね!オーラがすごいんですけど!」とりゅうちぇる。早速全員で本家でおなじみの「見タイ!聴きタイ!歌いタイ!」をやると、お決まりのタイがいない。「ありますよ」というディレクターの声で現れたのは…

石鯛。りゅうちぇるは「なにこれー!ちょっと!!」と文句を言いつつも「じゃあ、もう一回やるよー」と石鯛に向かって「見タイ!聴きタイ!歌いタイ!」を全員でやり、仕切り直した。

早速「DJりゅうちぇる」として、本家では名物だった赤坂泰彦さんばりに曲を紹介。まずは、演歌界に衝撃を与えたヒット曲、冠二郎さんの「炎」。

「セイヤ!」と力強く始まった「炎」。サビでは仮面女子たちの合いの手が凄まじくぴったりと入り、りゅうちぇるもそれに合わせ出したが、歌詞が3番に突入すると「はい、3番でーす」と不思議な合いの手(?)を入れていた。曲の終わりには、全員で「セイヤ!」を披露した。

りゅうちぇるが「演歌なんて生で聴くことぜったいないからぁ〜!」と興奮していると「こんなもんでエンカ?」と親父ギャグで返す冠。

りゅうちぇるが「最近ご結婚されたんですよね?」と聞くと、その流れで年齢の話なり、「年齢詐称」の件にもふれざるを得なくなった冠。5歳ごまかしていたことを告白し、現在は72歳。「あと2年ほどで歌手をやめて、静かにしようと思っていた矢先に天から降ってきた」と31歳年下の奥さんとの出会いについても語った。りゅうちぇるは「(自身の曲の)『炎』のような恋愛されたんでしょう?」と聞くと、冠は「前世で一心同体の仲だったらしいんだよ(とお坊さんに言われた)。大恋愛じゃなくて、懐かしい家族に会った感じ。それで、俺たちに時間はいらない、と。早く一緒になろうって」と結婚までの経緯も語ってくれた。結婚生活については「布団の中で「炎」を歌っている」そうで、仮面女子たちからは冷やかしの「セイヤ!」が入っていた。


2曲目は仮面女子が「元気種☆」を披露。仮面女子のパワフルなパフォーマンスに圧倒されるりゅうちぇると冠二郎。曲の終盤に差しかかった時

「なにこれ!トイレの神様みたい!」と、突然の仮面女子からサプライズパフォーマンスを受け、驚きを隠せないりゅうちぇる。

ペーパーを身にまとったまま、りゅうちぇるは仮面女子たちにもインタビュー。グループの中でも一番偉い6人がやって来たと説明する仮面女子に、「なんで仮面してるんですか?」と質問。すると、間髪入れず「ブサイクだから」と自分で言ってしまう仮面女子の桜雪。「普通に外してるじゃん!仮面!」と突っ込むりゅうちぇるに「仮面をつけていて、外す時に『ブサイクなんです』と言うと(外した時の)ハードルが下がる」という心理作戦を使っていると説明してくれた。

3曲目は嵐の「君のために僕がいる」をりゅうちぇるが披露。歌詞の語尾を「りゅうちぇる」をつけて歌ったり、「僕のために君がいる」という歌詞を「僕のためにぺこりんがいる」、「君のために僕がいる」という歌詞を「ぺこりんのためにりゅうちぇるがいる」とりゅうちぇる風にアレンジ。歌い終わった後、冠二郎から「感無量だね!」と渾身の一言をもらい、「うれし〜い」と喜んでいた。


4曲目はモンゴル800の「小さな恋の歌」を、5曲目はTHE BOOMの「島唄」を全員で熱唱。仮面女子たちは、風に乗り、トイレットペーパーと共にシルバーのテープを飛ばして、りゅうちぇるに吹き付けていた。「結局こうじゃん!」とちょいキレ気味のりゅうちぇるに「雲の上にいるみた〜い」とアゲる仮面女子。冠二郎は「もう何も言えねぇ。雰囲気で生きてこうよ!これからも。ありが天気、わたしは元気」と感想を述べ、それに対し、りゅうちぇるは「誰も思いつかない!すごいね!」と、年上に対しても少し褒め上手になっていた。

今日の判定も「たいへんよくできました」。最上級の判定に喜びを隠せない、仮面女子たち。最後の最後も、りゅうちぇるにシルバーのテープを巻きつけ、キラキラにしていた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000