ブロック・レスナー、マーク・ハントを寝技で圧倒 5年ぶりの総合格闘技ドリームマッチに勝利

7月9日(日本時間10日)ラスベガスで開催された「UFC200」で、ブロック・レスナー対マーク・ハントのドリームマッチは、ブロック・レスナーが3-0で判定勝利。5年7ヶ月ぶりのMMA参戦を見事な勝利で飾った。

「K-1対プロレス」「ハントの打撃対レスナーのレスリング技術」と全く異なるヘヴィー級同士の対決が注目だったドリームカード。ここ2戦1R、KO勝利とMMAに適用しヘヴィー級ランキンキング8位とUFCのリングで結果を出しているハントと、プロレス団体WWEで活躍し総合格闘技から5年以上のブランクのあるレスナーの適応能力にも注目が集まっていた。

開始1Rは、お互いが様子を見ながら1分半にも及び距離を探りあう展開に。レスナーがロー・キックから、牽制やフェイントを交えながら、金網に追い詰めるタックルでテイクダウン、テイクダウンからハーフガードで抑えこみながらパンチ攻撃と、UFCに王者時代を彷彿とさせるレスリングテクニックで試合の主導権を握った。その後も防御一辺倒のハントに対してパウンドからのパンチなどを繰り出し、合計3度のテイクダウンに成功。

2Rはハントがスタンド勝負に出てジリジリと詰める場面もあったが、再三のチャレンジを試みるレスナーのタックルへの対応に終始追われる展開に。

ややラウンド中盤に疲れをみせたレスナーに、ハントのパンチがかすめるシーンも再びテイクダウンするレスナーに対しケージ際でこらえる膠着状態が続く。

やや前ラウンドやや盛り返したハントだったが、3R開始と共にレスナーが、ジャブをかい潜り足を取り高速タックルで金網に追い詰め、ハントを固定しパウンドからの打撃の嵐。その後もハーフガード、マウントポジションからの肩固めとポジションを変えながら、執拗に殴り続けラウンドをそのままコントロールした。

3ラウンドを通し4回のテイクダウンで試合を掌握したレスナーに対し、スタンドでの戦いに持ち込むことができなかったハントは、打撃数、有効打数でも大きく水を開けられ敗戦。大方の予想以上にブロック・レスナーのグラウンドテクニックの健在ぶりが際立つ試合内容となった。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000