美人過ぎる気象予報士のチャイナコスプレ TKO木本が“夜這いプレイ”を暴露した

8日にオンエアされたニュース番組『AbemaPrime』(AbemaTV)のお天気コーナーにて、気象予報士・穂川果音がチャイナドレスに身を包んで登場した。



「本気予報」と題された同コーナーは、穂川が翌日の天気の予想を外したら、次の出演回にコスプレで登場するというルール。前日の予報が外れたことを受け、穂川は8日が「中国茶の日」であることにちなみ、チャイナドレスを衣装に選んだ。

「中国茶の日」は、中国茶を通し、中国と日本の平和友好のさらなる発展を目指して設立されたもの。7月8日である理由を穂川が「中国語で“7”は”チ”、日本語で“8”は“ヤ”と読むから、7と8をあわせて“チャ(茶)"なんですよ」と説明するも、スタジオのメンバーからは「あんまり頭に入ってこなかった」と返される。これに穂川は「もー。果音のコスプレに見とれてたな〜」と、ブリっ子口調で応じた。


続けて穂川は、この日ゲスト出演したお笑いコンビ・TKOの木本武宏に対して「木本さんは、彼女と時代劇のコスプレをしたことがあるそうですね」と斬りこむ。これを受け木本は「ウィキペディアから、どこの情報を拾ってきてんの」と多少動揺しながらも「若気の至りで、僕が足軽で、彼女に夜這いをするみたいな…」と自らの赤面エピソードを披露した。



その後、行われた天気予報では「蒸し暑くなるため、熱中症に注意」と真面目に内容を伝えるが、予報が書かれたフリップには、“蒸し暑さ”のイメージとして「小籠包」のイラストが描かれており、スタジオのメンバーはそちらに目が釘づけに。木本とともにゲスト出演したRAGFAIRの土屋礼央は、天気予報コーナーについてのコメントを求められるも「小籠包のイメージしか残ってない…」と回答。いい意味で”情報が頭に入ってこない”同コーナーの犠牲者となったようであった。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000