アトランタのヒップホップトリオ・MIGOSが、最新EPをサプライズリリース!

今のヒップホップシーンの中心的存在とも豪語できるアトランタを代表するラップグループ・MIGOS(ミーゴス)が、5曲入りのEP『3way』をサプライズで7日にリリースした。

Quavo(クエヴォ)・Offset(オフセット)・Take Off(テイク・オフ)の3人によって2008年に結成されたMIGOS。ひたすら“ベルサーチ、ベルサーチ”とラップした楽曲『Versace』は、日本のクラブでも頻繁にかかり、ヒップホップ好きなら一度は聞いたことがあるであろう。

また、近年ラッパーがこぞって肘裏を見せる動き“DUB”のブームは、間違いなくMIGOSだと言える。

そんなノリに乗っているMIGOSが、5曲入りのEP『3way』をリリースした。プロデューサーには、お馴染みのZaytoven(ゼイトーヴェン)や『Hanna Montana』を手がけたDun Deal(ダン・ディール)、アトランタのトラップ職人・Cassius Jay(カシアス・ジェイ)など間違いない今旬プロデューサーが脇を固め、客演には唯一Yo Gotti(ヨー・ゴッティ)率いるコカイン・ミュージック・グループに所属するメンフィスのラッパー・Blac Youngsta(ブラック・ヤングスタ)が参加している。


アトランタの注目株Lil Yachty(リル・ヨッティ)が、MIGOSのレーベルQuality Control Musicと契約するなど、音源に加えレーベルとしての動きも注目を浴びているMIGOS。AbemaTVのVICEチャンネルでは、そんなMIGOSのツアーの様子やアトランタシーンについて語った貴重なインタビュー映像が観ることができる。現行ヒップホップの最先端をいくアトランタのトラップシーンを要チェックしておけ!


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000