サイプレス上野 大好評だった『フリースタイルダンジョン モンスターズウォー』について語る

7月6日深夜に『AbemaTV』Abema SPECIALチャンネルで放送された『ライムスター宇多丸の水曜The NIGHT』で、MCのサイプレス上野が『フリースタイルダンジョン特別編 モンスターズウォー』についてコメントした。

番組中盤、7月3日(日)にAbemaTVで放送された『フリースタイルダンジョン特別編 モンスターズウォー』の話題になり、アシスタントMCのバニラビーンズ・レナから「これまでエロとギャンブル視聴者数を稼いできたAbemaTVですが、今回はエロ率ゼロ%にも関わらず、記録的視聴者数“149万超え”を叩き出しました。スゴい!」と驚異的な数字が発表された。

すると「今まで“スゴい数字出した”って言ってる番組でも、俺の記憶では20万ビューとかなんだよ。ってことは7倍以上? だから“もう2度とこの記録破れないんじゃねえか”って言われてるくらいらしいんだよ。マジでスゴいんだよ!!」と、思わず声を荒げた宇多丸。出演者側のサ上も、「俺もあーだこーだ言ってたんですけど、どんどん数字が増えてくのを見て“これタダゴトじゃねーぞ!?”って」と、『フリースタイルダンジョン』の人気を改めて実感したようだ。

その後、『Monsters War』本編のダイジェスト映像に続き、激しいバトルを繰り広げたラッパーたちが最後に魅せた、超豪華なマイクリレーのシーン紹介。まずは太華にビートボックスを要求したオーガナイザーのZeebraがそのまま先陣を切ると、続いてUZIやモンスター、チャレンジャーたちが伸び伸びとフリースタイルを繰り広げる。さらに、いとうせいこうがラップを披露するというサプライズ展開から、まさかのZeebraがリクエストを受けて「証言」(Lamp Eye)の4番を丸々披露し、フロアからステージ上まで熱狂に包み込んだ。


まさに“お腹いっぱい”な放送となった『モンスターズウォー』。宇多丸も「HIPHOPの現場では昔からやられてるマイクリレーがさ、149万ビューですよ。これ見たら、やっぱ若い子たちはやりたくなると思うんだよね」とコメントした。

だが、サ上は苦い顔で「だけど映像、悪意ありすぎじゃない? なんで負けた試合ばっかなんだよ! あと言っときたいんですけど、採点方法おかしいから! 負け惜しみじゃなくて」と、現状のシステムに苦言を呈した。

どうやらサ上は、試合数の多いほうがクリティカル出した側よりも点数が大きいという謎のルールが納得いかなかったらしいのだが、結局は「負けて超悔しいけど、見てて超楽しかったです」と、コメント。そんなサ上に対し、宇多丸も「モンスターなんだから、ある意味いちばんカラダ張ってるわけじゃないですか。だからAbemaTV、ていうかサイバーエージェントに一番貢献してるわけですよ。スタジオに“上野部屋”用意してもいいくらいですよ」と惜しみないねぎらいを送っていた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000