日本ヒップホップ史上最重要イベント『さんぴんCAMP20』開催直前!押さえておくべきラッパー&楽曲まとめ(その1)

いよいよ7月10日(日)に迫ってきた日本最大級ヒップホップイベント『さんぴんCAMP20』。当然チケットは、即日ソールドアウトになってしまったが、この伝説的イベントをどうしても観たいというヘッズの思いを叶えるために、なんとAbemaTVで、イベントの模様を完全生中継!

そこで、『さんぴんCAMP20』の出演者の中から、押さえておくべき楽曲を紹介!ここで予習&復習して、『さんぴんCAMP20』を観ればイベントも倍に楽しめるはず!耳かぽじって聴いときな!


田我流

1.『やべ~勢いですげー盛り上がる』(B級映画のように2)

レペゼン山梨・stillichimiyaに所属する田我流の2ndアルバム『B級映画のように2』に収録されているダイナマイト級に盛り上がるライブ挽歌で知られる同曲。とにかく、これが始まると半端じゃないくらい『やべ~勢いですげー盛り上がる』んで、ヘッズは心の準備をしておけ!

『やべー勢いで すげー盛り上がる/やべー勢いで すげー盛り上がる/やべー勢いで すげー盛り上がる/すげー盛り上がる すげー盛り上がる』


2.『ゆれる feat.田我流』(ひとつになるとき)

関西を代表するMCでありトラックメイカーのEVISBEATS(エビス ビーツ)のアルバム『ひとつになるとき』に収録されている『ゆれる feat.田我流』。EVISBEATSの心をゆさぶる温かいビートに田我流のソウルが詰まった言わずと知れたクラシック曲。

『この心がゆれる時がある/それはバイト帰りのサンセットだったり/本の中に答えを見つけた時だったり/季節の変わり目を感じた時だったり』


韻踏合組合

1.『一網打尽』(NOW)

SATUSSY、HIDADDY、遊戯、ERONEのマイクリレーにより、硬いライミングが出揃ったヒップホップアンセム『一網打尽』。こちらの楽曲には客演にNORIKIYO、漢、SHINGO★西成を招いたリミックス版MVも公開されている。

『リスナー、ヘイター、ビッチも同じ/一人残らず一網打尽 ナーミーン?/Hold up 一網打尽、一網打尽、一網打尽』


2.『REAL GOLD(NEVA GETS OLD)』(REAL GOLD)

TWIGYやECDなどの懐かしのクラシック曲の声をサンプリングし、『一網打尽』とは違う、ブラックでドープな正統派ヒップホップスタンスをスピットした楽曲『REAL GOLD』。ベテランラッパーが見せる韻のテクニックは一語一句聞き逃せない。

『俺らの踏んでく韻は金にも勝る シーンにおさまらずピンチも変える
神秘のライムを信じてパイプ 禁じ手はいらぬ断じてマイク』(HIDADDY)


RYUZO

1.『HATE MY LIFE』(MESSAGE)

LOSTFACEの哀愁溢れるビートとRYUZOのストーリーテラーなリリックが胸に染みるクラシック曲『HATE MY LIFE』。映像とともに曲を聴くと、よりメッセージとストーリーが伝わってくるぞ!

『さぁ靴を磨いて外の世界へ/忘れかけてた今日はFriday/クソったれでも1度の人生/お前次第で Yeah Yeah Yeah』


2.『THE STORY』(MESSGAE)

先輩の姿に憧れヒップホップを追い続け、ストリートから這い上がってきた今までの険しい道のりを綴った『THE STORY』。この生き方こそが”HIPHOP”と感じさせる1曲だ。

『飛びこんだ HIPHOPゲーム/売れてく奴らを横で眺める高ぶる気持ちをBitchがなだめる信じた仲間と喧嘩分かれこらえた涙の数の答え心に何度も言い聞かせSpitするのが俺の運命』


サイプレス上野とロベルト吉野

1.『ヒップホップ体操第二』TIC TAC

ヒップホップを聞きながら、準備運動ができちゃう…サ上とロ吉らしいユーモア溢れる今作はライブで盛り上がること間違い無し!子供さんから大人さんまで有無を言わさず全員参加です!

『みんな手を上げろ/天高く両手上げろ/シンプルで簡単な体操/これがヒップホップ体操/子供さんから大人さんまで/有無を言わさず全員参加です。思い出せ/あの夏の体操 そう!/これがヒップホップ体操!』


2.『ヨコハマシカ feat.OZROSAURUS』

浜の怪獣ことOZROSAURUSを客演に迎えた超クラシックフッドアンセム『ヨコハマシカ』。2人が生まれ育った横浜への愛をラップした渾身の一曲だ。

『頭につけた184からランドマーク登り/Say Hello!!/ ZZ 他の仲間たちも/きっといつでもRepresent この街を』


20年前の伝説イベントが新たなメンツによって再び復活した『さんぴんCAMP』。チケットが買えなくて、現場に足を運べない人は、ここの記事を熟読しながらAbemaTVで放送される生中継をチェックしよう!


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000