芸能界でも「男女の友情」は成立するのか 前田敦子×柄本時生の場合

元AKB48で女優の前田敦子(24)が、8月2日に東京・渋谷のパルコ劇場で行われる朗読劇「ラヴ・レターズ」で、俳優の柄本時生(26)と共演することが報じられた。

「ラヴ・レターズ」は互いに恋心を抱きながら、すれ違う男女の物語。前田と柄本は、2010年に放送された連続ドラマ「Q10」(日本テレビ系)で共演したことがきっかけで、やはり同ドラマで共演した高畑充希(24)、池松壮亮(25)らとともに“ブス会”を結成。それぞれのSNSで定期的に会っていることが報告され、その和気あいあいとした様子はファンの間でも話題になる。

報道によれば、前田は江本について「週1、2回は会っている」というほどの大親友。「時生とは(週刊誌に)写真を撮られる心配がないから楽」と、“男女の友情”が成立していることを断言しているという。ちなみに柄本は一般女性との交際を公言している。

8日放送のAbemaTV『芸能㊙チャンネル』では、“男女の友情”についてトークがおこなわれ、最近では平愛梨(31)と三瓶(39)の関係、二階堂ふみ(21)と菅田将暉(23)の関係が挙げられた。三瓶は平の家でシャワーを借りることもあるといい、また二階堂はたびたび交際が噂されるも、「友達の一人」と強調している。


同番組MCの南圭介(30)は、男女間で友情が成立するかどうかについて懐疑的。平らの例を挙げられると、「人によりけりなのかな…」と納得しようとするも、自分自身については「人を超えた“男”という部分が出てきてしまうんじゃないかと。最後まで友情でいられるかどうか…。僕の中の何かが変わってしまいそうで怖い」と自信なさそうだった。


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000