大人になったいまこそ観たい 劇場版『アンパンマン』の傑作5選

「なんのために生まれて なにをして生きるのか?」


子どものころ何気なく歌って聞いていただろう『それいけ!アンパンマン』の主題歌・アンパンマンのマーチの一節。大人になった今、この問いにあなたは答えられるだろうか?


7月2日(土)に公開され、子どもたちを楽しませている劇場版第28作『それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ』。本作では、困っている人を助けるヒーロー・アンパンマンの口から、その問いの1つの答えが語られる。20年以上、子どもたちの心をつかみ続ける普遍的な魅力を持つ『アンパンマン』は、大人になった今、改めて観ることでハッとさせられるのだ。


本記事は、大人になった今だからこそ観たい、歴代映画『アンパンマン』の傑作5作を紹介していこう。

(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会1989

第1作『それいけ!アンパンマン キラキラ星の涙』

記念すべき初の劇場作品は、1989年に公開された。ジャムおじさんとバタコさんによって、アンパンマンの顔が作られるところからスタートする。本作のゲストキャラは、折笠愛が演じるナンダ・ナンダー姫と水島裕演じるマルデ・ヘンダー。姫とロボットのコンビをはじめ、最新作とも共通する箇所が多い。身を呈して誰かを助けることの尊さが、アンパンマンのみならずサブキャラクターたちの活躍を通じて描かれている。クライマックスでナンダー姫のある想いが、敵のドロンコ魔王を打ち倒すことに。シンプルなストーリーだからこそ際立つキャラクターの感情に注目してほしい。

(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会1990

第2作『それいけ!アンパンマン ばいきんまんの逆襲』

歴代劇場作品の中でも、上位の興行収入を記録した劇場第2作。ばいきんまんと日髙のり子演じるゲストキャラのヤーダ姫たちが、強大な力を秘めた「メコイスの壺」をめぐるストーリーだ。クライマックスで巨大なばいきん大魔王が登場するシーンは、子どものころに観ていて印象深く覚えている方も多いのではないだろうか? ジブリ作品や『時をかける少女』の背景美術を手がけた山本二三も参加しており、映像作品としてのクオリティもシリーズ屈指。「ヤーダ」が口癖のヤーダ姫が、物語を通じて立派に成長する様が描かれる。

(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会1991

第3作『それいけ!アンパンマン とべ!とべ!ちびごん』

雨を降らす存在とされるドラゴン。まだ飛ぶことができないちびごんは、飛行の練習も言い訳ばかりでろくにせず、学校で出来た友だちのカバおたちにも、飛べるとウソをついてしまい……。40分の中編作品で、友だちを助けるために飛ぶ決意をして、多くの命を守るため大人になっていくちびごんの成長が描かれる。ちびごん役は、人気声優・高山みなみが演じており、はじめは頼りなくもじょじょに力強くなっていく様を好演している。またコーチ役としてホラーマンが登場しており、ばいきんまんたちと行動をともにする現在の立場とは、少し違った役回りも面白い。

(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会1995

第7作『それいけ!アンパンマン ゆうれい船をやっつけろ!』

人気キャラクター・メロンパンナと、その姉・ロールパンナがストーリーの中心となる本作。ばいきんまんたちの手によって、ロールパンナの善と悪の心のうち善の心が奪われ、ゆうれい船とともにアンパンマンたちを襲うことに。人間だれしも心に抱えている善と悪の心。それを持つロールパンナはもっとも人間らしいキャラクターであるといえる。悪に染まってしまい、ブラックロールパンナとなってしまった彼女を救ったのは? 空を飛ぶゆうれい船や、美しい白馬・マリン、ドクター・ヒヤリを演じた大御所声優・千葉繁の快演など、本作の見どころは多い。

(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2006

第18作『それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ』

「なんのために生まれて なにをして生きるのか?」という問いを真っ向から描いた劇場版シリーズ屈指の傑作だ。アンパンマンと同様、いのちの星の力で動けるようになった人形のドーリィ。彼女は自分が楽しむために生きるのだと、周囲の迷惑も気にせず好き勝手にふるまうが、いのちの星は少しずつ消えていってしまう……。どうしてアンパンマンは誰かを助けようとするのか、そしてそれを聞いたドーリィがクライマックスでとる行動とは? 安達祐実がドーリィを演じた本作は、『アンパンマン』が描き続ける普遍的な魅力の神髄を味わうことができる。


子どものころ見ていたなつかしさ、さまざまな経験をして大人になった今だからこそ気づける、生きることに必要な大切なこと。たまには童心に帰って『アンパンマン』の世界に浸ってみるのも悪くはないだろう。


「なんのために生まれて なにをして生きるのか?」


この問いに自分なりの答えを出せたなら、あなたも立派なヒーロー・アンパンマンだ。

第1作 キラキラ星の涙

「それいけ!アンパンマン キラキラ星の涙」

DVD発売中

発売元:バップ

(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会1989

第2作 ばいきんまんの逆襲

「それいけ!アンパンマン ばいきんまんの逆襲」

DVD発売中

発売元:バップ

(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会1990

第3作 とべ! とべ! ちびごん

「それいけ!アンパンマン とべ!とべ!ちびごん」

DVD発売中

発売元:バップ

(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会1991

第7作 ゆうれい船をやっつけろ!!

「それいけ!アンパンマン ゆうれい船をやっつけろ!」

DVD発売中

発売元:バップ

(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会1995

第18作 いのちの星のドーリィ

「それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ」

DVD発売中

発売元:バップ

(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2006


『それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ』

7月2日(土)より元気100倍ロードショー中

(c)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

(c)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2016

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000