現役カープ女子 広島カープが首位爆走中も「全く安心してません」

ここ数年「カープ女子」など、人気が社会現象化している広島カープであるが、結果を残すことは少なかった。今シーズンは快進撃で首位を独走。25年ぶりの優勝に期待がかかっている。

7月7日のAbemaTVの報道番組『AbemaPrime』では、そんな現役カープ女子の二人をゲストに招き、ファンの心情を聞いた。「こいほー!」と元気なカープ女子の2人は、首位であることに「全く安心してません」ときっぱり断言した。



▪︎優勝には懐疑的なカープ女子たち

番組ではそんな2人を安心してもらうためのデータを用意。カープが残りの試合で5割勝った場合の設定で、他チームがどれくらい勝てばカープを上回るかというデータを用意した。それによると他チームはかなり高い勝率でなくてはならない。2位横浜DeNAは42勝22敗(.656)で、6位阪神は45勝18敗(.714)である。相当高い勝率ではあるものの、カープ女子は「でもカープが5割勝つって……」と懐疑的。

さらに、2位以下とのゲーム差を出すも、カープ女子たちは「3位のジャイアンツに11.5ゲーム差だったのに優勝できなかった年もある。今は9.5ゲーム差しかない……。ひっくり返されてしまう……」とマイナス思考は拭えなかった。



さらに番組では、「広島住みます芸人」のフリータイムが、カープファンが集まる広島中区の焼き鳥店「カープ鳥きのしか 十日市店」から生中継を行った。



店主である木下富雄さんは1973年広島ドラフト1位、選手時代には日本一を2回経験したカープの黄金時代を知る元野球選手。

木下さんは「今年の広島の優勝確率は、昨日負けたけど70%くらいじゃないか。今年は広島を追いかけるチームが見当たらない。2位以下が足の引っ張り合いをしてるので……」と優勝する見込みを語ると、カープ女子からも笑みがこぼれた。しかしカープが優勝すると「カープ鳥きのした」チェーン店全店が「飲み食いタダになっちゃう」そうで、木下さんはうれしそうに苦笑いをしていた。


カープ女子2人は「カープファンはいい思いをしていないんです。ずっと負け続けて25年もたったんでまだわからない!」とこの快進撃を素直に喜べない状態のようだ。25年ぶりの悲願、果たして達成なるか。



続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000