麻生夏子の学生時代は「マドンナ」 同級生会社員が暴露

7日放送の『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)に、女優の麻生夏子(25)がゲスト出演した。麻生と、番組アシスタントのサイバーエージェント社員・「みっつ」こと密山礼巳氏は、高校・大学の同級生だという。当時は同じクラスにはならなかったものの仲は良く、今でも「よく道で会う」といい、初共演ながら息のあったトークを展開した。

麻生は学生時代の密山氏について、「ギャル」と一言。スタジオがざわつく中、「学校の中でもキラキラ軍団っているじゃないですか。れみちゃんは、キラキラもキラキラ。クイーンの中のクイーン」と表現。一方、学生時代の麻生について、密山氏は「なっちゃんは一言でいえばマドンナ。性格はさっぱりしてるけど、明らかにアイドル。ほかの学年の人も『あの子誰? なんて名前?』ってなるくらい」とお互いを褒め合う展開に。これに麻生は「気分は悪くない」とまんざらでもない様子だった。

また、2人が通っていた学校は私服で、メイクや髪型なども自由な校風だったといい、麻生は密山氏について「メイクが上手すぎて完成されてた」と暴露。さらに自分でも「髪の毛を仕事で真っキンキンにしてたら、すっごい怖い先生に『大丈夫か、何かあったのか』って、ただただグレたと思われた」と心配されたことを明かした。

現在は、かたや女優、かたや会社員と違う道に進んだ2人だが、メディアでの初共演に感慨深げな様子だった。


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000