writer-r

記事一覧(18)

アニメ制作の舞台裏を元ジブリの女性社長が語る STUDIO4℃流人材育成とは?

3月26日(土)、27日(日)に、東京ビッグサイトで開催された日本最大級のアニメの祭典「AnimeJapan 2016」。今年新設された「クリエイションエリア」では、クリエイター体験講座やビジネスセミナーが実施されたほか、27日(日)には「STUDIO4℃」代表取締役社長・プロデューサーの田中栄子氏をゲストに迎えたクリエイションセミナーが行われた。「アニメ創りの世界へようこそ!」と題したこのクリエイションセミナーでは、日本動画協会人材育成ワーキング座長で株式会社ビデオマーケット常勤監査役の増田弘道氏による司会進行のもと、ゲストの田中氏が登壇。アニメの制作過程やスタッフの役割などについて、自らのキャリアを振り返りながら、詳しく解説した。「STUDIO4℃」の創設者ともなれば、学生の頃からアニメ一筋だったのかと思いきや、大学時代は日本語教授法を専攻していたという田中氏。卒業後は海外で日本語教師になるつもりが、バイク事故であえなく断念。広告代理店に就職するも、上司がアニメ業界に転職し、その流れで自身も日本アニメーションに入社。気づけばアニメの世界にどっぷりつかっていた、という意外な経歴が明かされた。さらに、「入社直後に上司と喧嘩して、企画から制作部に飛ばされた」という田中氏は日本アニメーションで3つのTVシリーズを同時に担当することになり、プロデューサーとデスクと制作進行の3役をひとりでこなした、という驚愕のエピソードも披露。女性の制作進行は1人もいなかったという当時、かなり過酷な状況を経験したというが、それをきっかけに「アニメ業界で男女ともに心地よく働ける環境を作りたい」と考えるようになったと述懐した。その後スタジオジブリに移り、『となりのトトロ』『魔女の宅急便』のラインプロデューサーを経験。「劇場版の制作スタッフの居場所を作りたい」と「STUDIO4℃」を設立し、過去20年以上にわたり、『MEMORIES』や『アニマトリックス』、『鉄コン筋クリート』、『ハーモニー』といった人気作品を数多く生み出してきた。「STUDIO4℃」の特色について増田氏に問われた田中氏は「一人ひとりが日本人の個性を世界に轟かせようと息巻いて、商業的に妥協することなく、夢中で作品を手掛けてきたことが、いまのSTUDIO4℃につながっている」と分析。さらにどんな作品に対しても、一回も手を抜いたことがないのが誇れること」だと胸を張った。具体的な例として「劇場作品の製作の合間にCMやゲームの仕事を通じて新しい技術に挑戦し、次の劇場作品に生かしている」と舞台裏を明かし、一般的には分業制が採択されることが多いTVアニメ業界において、作品ごとに工程管理の方法を変えるなど、臨機応変に対応しているのも「STUDIO4℃」の特徴であると紹介。