abematimes

記事一覧(6348)

"アルバイトにもボーナス・退職金"  富士そば創業者が明かした「母の教え」

 首都圏の主要駅を降りると必ず目に止まる、「名代 富士そば」の看板。国内116店舗、海外にも東南アジアを中心に10店舗を出店(2017年1月時点)する、立ち食いそばチェーン最大手だ。今や女性客まで取り込んでいる「富士そば」は、一人の男の手によって作り上げられた。ダイタングループを率いる丹道夫(たん・みちお)会長、その人だ。 現在81歳になる丹だが、経営への意欲は衰えることを知らない。「これからはいかに安くて美味しいものを出すかが勝負。文化水準が上がっている以上、求められる味の水準も上がっていく」と語り、クオリティチェックにも余念がない。各店舗を自らの足で回る、その代金は自腹だという。 ダイタングループは従業員1100人の大企業だが、11社に分社化されており、すべての会社が「同じ仕事をしている」というから驚きだ。だが、この分社化こそ「売上や店舗増加の最大の要因」と丹は豪語する。 「店舗数が増えれば増えるほど、社長1人では管理が行き届かなくなる。そこで分社化し、会社ごとに担当する店舗数を決め、管理・運営を徹底させていく」。 元々は不動産屋だったという丹が、いかにして”駅そば”とめぐりあい、一大チェーンを作り上げていったのか。その裏には、波乱万丈の人生が隠されていた。■きっかけは「新潟のとある駅で見かけた乗客の姿」