abematimes

記事一覧(19665)

SHELLY「仕事があるから両立できる。主婦は本当にすごい」 産休直前、リアルな心境を語る

 バラエティや報道番組をはじめ、CM出演やラジオなどマルチに活躍し、AbemaTV(アベマTV)では『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース〜』の番組MCを務めているタレント・SHELLY。私生活では2014年1月に結婚し、2016年1月に第一子を出産。現在は第二子を妊娠し、2018年の2月に出産を控えている。母であり、1人の女性としても輝き続けるSHELLYが子育てや仕事との向き合い方を語った。―― 現在多くの番組に出演しているSHELLYさんですが、家庭と仕事を両立していく上で気をつけていることはありますか。SHELLY:私は仕事との両立じゃなかったら、むしろ子育てはできていないと思いますね。専業主婦のお母さんのやっていることって私の精神力じゃ絶対に無理で。1日中幼児と向き合って、何を食べさせるか、どこに遊びに行かせるかを考えて……子どもと1日過ごすって大変なんですよ。だから、子どもが生まれてからは、専業主婦の方に対してのリスペクトがとても私の中で大きくなりました。24時間全部を子どもに捧げられる人は、モチベーションがあって、気が長くないとなかなかできないと思います。主婦さんは本当にすごい。―― 出産を機に、専業主婦さんへの尊敬の気持ちが大きくなったと。SHELLY:私の場合、仕事と家庭を両立するために何かを努力しているというより、両立しているからこそ、笑顔で子育てに奮闘できるんです。子どもは大人と違って言うことを聞いてくれないし、こっちの都合もまったく関係ないじゃないですか。「明日朝早いからよろしくね」って言ったところで、通じないし、夜泣きもする。私は仕事に来て大人と会話をしたり、子育ての愚痴を聞いてもらったり、仕事で中でこうやって発散させてもらっているんです(笑)。だから、家に帰ったときに「ただいま」「夕飯どうしようかな」って新鮮な気持ちで子どもと向き合えていると思っています。

藤吉久美子、不倫報道に“涙”の会見 「彼が信じてくれる気持ちに応えられるような妻になりたい」

 「今回は私の軽率な行動によって、皆さまにご迷惑をおかけしましたこと、本当に申し訳ありませんでした」 14日発売の週刊文春で50代既婚のテレビプロデューサー・A氏との不倫疑惑が報じられた女優の藤吉久美子(56)が14日夜、都内で会見を行った。 藤吉は1995年にタレントの太川陽介(58)と結婚。2001年に長男を出産し、芸能界随一のおしどり夫婦として知られている。 藤吉は涙ながらに会見し経緯を説明。A氏との付き合いについて「私が歌をやりたいとミュージカルのオーディションを受けては落ちて、それで1人で歌いたいって色んな人に言っていたら、舞台に出ていたときの制作の方が音楽をやっていらした。その方が『ライブできますよ』って言ってくださったので、そこに今回の方がたまたまいらして、3人で私のライブをやってくださるということになって、それで歌のライブを2年前から始めました」と話した。 週刊文春によると先月初め、自宅を出た藤吉が歩いて3分ほどのバス停から路線バスでA氏が所有するマンションへ行き、合鍵で入る様子が報じられている。そのマンションには幾度となく通う姿が目撃されているというが、その点については「(マンションには)自分がいない時間でも、入って取りに行ったらいいと。私にとっては作業する場所という気持ちになってしまっていたのが、そういう風に思われているのを、自分がいけないというのを主人から言われて本当に気がつきました」と説明。A氏への好意については「そういうことはありません。(男女の付き合いは)ありません」と否定した。 同日、一足早く都内で会見を行った太川は「とにかく『疑われるような軽率な行動をとってごめんなさい。本当にすみません』と。『でもそういうのじゃないから。信じてください』と彼女が言うので、よしわかった、信じる。自分のカミさんのことだから、みんながそう思わなくても僕は信じますよ。離婚はしない、大丈夫」と3~4時間に及ぶ話の中で決着したと話していた。 藤吉は「私はもう彼に守ってもらわないと生きていけない。彼が信じてくれる気持ちに応えられるような、妻になりたいと思います」と語った。(AbemaTV/『けやきヒル’sNEWS』より)▼『けやきヒル’sNEWS』は毎週月~金曜日 12:00~13:00「AbemaNews」チャンネルにて放送!

須藤凛々花、若狭勝、足立康史、濱松恵…ニッポンを騒がせた"あの人"たちが生出演、2017年を大総括!

 17日放送のAbemaTV『千原ジュニアのキング・オブ・ディベート』に、ニッポンをザワつかせたあの著名人たちが集結する。 まず、6月に行われた『第9回AKB選抜総選挙』の生放送で「結婚します!」と前代未聞の結婚宣言をしたことで話題を呼んだタレントの須藤凜々花。なぜあの衝撃の結婚宣言に至ったのか?アイドルの恋愛はどこまで許されるのか?いま、あの時に戻っても同じ発言をするのか?などを生直撃する。 次に、小池百合子都知事の最側近として都議選で大勝&国政進出を志し「希望の党」を立ち上げるも失速、自らも10月の衆院選で敗れた若狭勝弁護士。改めて小池劇場、そして希望の党について振り返る。 そして国会内外の過激発言が注目を集めた足立康史衆院議員も登場。失言・暴言はどこまで許されるのか、ゲストとともに議論する。 このほか、濱松恵鈴木奈々らも出演。相次いだ不倫報道、お騒がせ有名人のみそぎはいつまで?不祥事、活動休止からの復帰がうまくいく人といかない人の差は何?などのきわどいテーマについて、体験談を赤裸々に語りながら、2018年の明るい展望を考える。放送は17日(日)夜8時から。■出演者<MC>千原ジュニア/<進行>島本真衣(テレビ朝日アナウンサー)<パネリスト>足立康史(日本維新の会・衆議院議員)、岩尾望(お笑いコンビ「フットボールアワー」)、小森純(モデル・タレント)、須藤凜々花(タレント)、濱松恵(女優・モデル)、東国原英夫(タレント・元宮崎県知事)、若狭勝(弁護士・前衆議院議員)、鈴木奈々(モデル・タレント) ほか▶『千原ジュニアのキング・オブ・ディベート 2017年大総括』の視聴予約はこちらから!