abematimes

記事一覧(7304)

「祈ります」「心の垢を落とす」森友学園問題で昭恵夫人のメール公開 ジャーナリスト山口敬之氏“博愛であらゆる人と分かり合えるという哲学の持ち主”

 森友学園への国有地売却問題を巡って、自民党は24日、安倍昭恵夫人と籠池泰典理事長の妻が交わしたメールの文面を公表。さらに国会では安倍総理が出席し集中審議が行われた。 自民党が公開した昭恵夫人と籠池夫人との間で交わされた携帯のショートメールは去年6月から今年3月16日までのもの。先月28日の昭恵夫人からのメールには「私は講演の謝礼を頂いた記憶がなく、いただいていたのなら、教えていただけますでしょうか」と徐々に籠池夫人から距離を置くように。籠池夫人からのメールも文章が長くなり、内容はマスコミへの苛立ちが多くなっていった。昭恵夫人からの返事も今月1日には「心の垢を落とす 本当にそうだなあと思います」。同8日には「祈ります」とやり取りがかみ合わなくなっていった。 元TBSワシントン支局長で、昨年出版した『総理』がベストセラーになったジャーナリストの山口敬之氏は自民党が公開した狙いについて「23日の証人喚問で、籠池理事長が"口止めともとれるようなメール"と発言したので、すべての流れを分かってもらうために公開するべきということ」と説明。山口氏は「(籠池理事長に100万円を手渡すことは)絶対にない。そういうことをする人じゃない。何かを隠れてするというのは彼女の宗教観に反する」とした。■公人?私人?総理夫人の役割とは そもそも総理夫人の役割とはどういったもなのだろうか。"ファーストレディー"と言われることもあるが、補佐役として地位と仕事が与えられる"公人"であるアメリカ大統領夫人とは全く異なる。一方、日本の総理夫人には役割の決まりはなく、その立場はあいまい。 また、歴代の総理夫人には"複数の型"があるという。総理を影で支える「良妻賢母型」夫顔負けの「政治家型」、そして昭恵夫人に代表される「自由奔放型」だ。以前から昭恵夫人は山口県下関市で無農薬米「昭恵米」を栽培したり、郷土料理居酒屋「UZU」を経営したりと、様々な活動を行ってきた。2桁を超える団体やイベントで名誉職を務め、歴代の総理夫人の中でも、ここまで活躍が注目されるのは珍しいという。